色々ある二重まぶたの種類別紹介
   

ここでチェック、二重まぶたの種類別紹介。

日本人の約半数が二重まぶた

一般的に日本では一重よりも二重を望む方が多いようです。
女性は特に二重の方がアイメイクの幅が広がり、目が大きく見える為、二重まぶたを希望する方が多いのではないでしょうか。
しかし一重、二重は遺伝による影響が大きく、欧米人はほとんどが生まれつき二重瞼ですが、世界でも日本人、韓国人、中国人に一重まぶたが多くなっています。
元々日本人は二重だったのですが、後に大陸から一重の遺伝子が入ってきて日本人にも一重が生まれるようになったのです。
その為、中国人や韓国人に比べて日本人の方が若干二重比率が高いのです。

日本国内で見てみると、国際結婚が増えていることもあり、はっきりしたことは言えませんが約5割の方が生まれつきの二重であると言われています。
生まれてから何年も経って二重になったという方もおり、アイプチなどを利用して二重にしている方もたくさんいます。
いずれにしても女性にとってぱっちりとした二重まぶたは憧れとなっているのです。

二重まぶたにするには

一重の日本人女性の多くが憧れる二重まぶたは意外と簡単に手に入れる事が出来るようになりました。
自宅でアイテープやアイプチを利用して毎日自分で二重を作ってみた事があるという方は少なくありません。

更に美容整形技術が発達し、安全で手頃なメニューが増え、一般の女性が多く利用するようになりました。
二重整形をしてしまえば毎朝時間をかけて二重を作る必要はなく、洗顔しても二重のままですので旅行に行くことも可能になります。
費用も手頃で利用者が増えたため、安全性も証明されました。
このような理由から二重整形を利用しようとする女性が更に増えているのです。

平行型二重、末広型二重、奥二重と言うように二重まぶたと言っても種類があります。
それぞれに施術方法や仕上がりも違いますので、これから二重まぶたの手術を考えている方は詳しく確認しておく方がベターです。
このサイトではこれらの手術の詳細について更に詳しく解説していきますので参考にして下さい。